実質年率は低いほど有利

TOPへ
おまとめローンの審査には身分証明書が必要ですおまとめローンの審査には身分証明書が必要です返済のシミュレーションおまとめローンを利用する時のカード会社の種類おまとめローンの審査は借りる総額が影響する全額返済するまでの利息に注意実質年率は低いほど有利電話確認なしの場合の本人確認おまとめローンの利用前に利息の過払い金を返還請求する新規に借りるより増額という手もあります借り入れバランスと振込限度額がお金を求めるネットからサービスを現金化することに定期性預金を提案借り入れとインターネットバンキング計画性同じ銀行と消費者金融の利子によって借りる初めてキャッシングを使う人には預金取引規定バンクカード・ローンは金融機関コードに十分に慎重です

実質年率ができるだけ低い金融機関を選ぼう

おまとめローンの実質年率は低いほど有利なので、借りる前によく金利比較をしておきましょう。 高い金利で借りるメリットは何一つありません。

キャッシングの場合ですと、少しくらい金利が高くても融資スピードを重視する状況もあるでしょうが、おまとめローンにおいては融資スピードよりも低金利が重要となります。

実質年率が低い金融機関は銀行、JA、信用金庫などです。 ノンバンクよりも低金利なので、おまとめローンはこれらの金融機関から借りるといいでしょう。

おまとめローンの多くは固定金利タイプを導入していますが、まれに変動金利タイプもあります。 しかし、日本では景気情勢が急激に変動するケースは少なく、変動金利のローンのほうがお得感が高いです。 景気変動が安定した場合を想定すると、固定金利のほうが実質年率は高くなってしまうのです。

利息に関しては、返済期間を短くすることで減らすことが可能です。 返済期間が1年と3ヵ月では、利息の差は4倍にもなります。 借りてすぐに返済をすれば利息はほとんど発生しないのです。

これに対して金利の場合は、最初から利率が決まっているものです。 契約時に設定された利率は、全額返済までそのまま適用されると考えていいでしょう。

HOME > 実質年率は低いほど有利